名刺を作るのも本当に安価で作れるようになってきました。

普段目にすることがある名刺の大きさは、みなそろっていることに気が付いたことはないでしょうか。

あまりイレギュラーなサイズは見かけませんし、作ることもないでしょう。

それは、これが標準とされており、名刺入れやホルダーも合わされているからなのです。
こういった企画に逆らい、オリジナル性の高い名刺を作ることも可能ですが、受け取るほうはしまうことができずに迷惑をこうむってしまうことになります。

大きさとしては、91ミリ×55ミリが標準サイズになっています。
海外では大きさに違いがありますが、日本全国これが標準であるといっていいでしょう。
水商売の女性の場合には、名刺入れに入れても目立たないようにと角をとった一回り小さい名刺にしていることはありますが、こちらは例外であるといっていいでしょう。

名刺としては、2枚つなげたものも存在します。
横開きのものや縦開きのものもあり、広告としての効果を考えれば、それだけ面積が増えることにつながり、効果を高めることができるといえるのです。

名刺を差し出し受け取ってもらうということは、自分を知ってもらうということになるでしょう。
その場合に、相手が受け取りにくいものであったならば、印象は悪いものとして残ります。
これでは効果はないどころか、逆効果にもつながりますので、出す意味がないのです。
マナーは相手に対して、不快な気分にさせないようにする、気遣いをすることから始まります。
名刺の大きさに関しても、マナーを考えれば、イレギュラーなサイズを利用する意味はないといえるでしょう。